忍者ブログ

☆香月の庵リターンズ☆

原作アラミススキー。「アニ三アラミスは原作アラミスの好みのタイプだよね!」というコンセプトのもと、原作アラミス×アニ三アラミスという異色カップリングをネットの片隅で限りなく追求しています。あと原作考察(ほぼアラミス関係)。

カテゴリー「勝手に原作考」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11巻23章・24章は熱いと思う!

前回の続きのようで続きじゃないような(笑)。

どうでもいんですけど、例の手紙、実はシュブルーズ夫人がダルの筆跡をまねて書いたもので、彼女の筆跡を良く知っているアラミスだからこそ僅かな震えを察知してニセ手紙を見抜くことができたと考えると中々アツいものがあるな…。ってちょっと妄想入りすぎ?(いつものことです)

さて、ベル・イールに立て籠もっているアラミス達に宛てた手紙とジョナタスに託された伝言を聞いたアラミスが、罠を警戒して「むしろダルタニャンがこちらに来い。拒否すれば武力行使も辞さない」と要求するシーン。「ダルタニャンを攻撃するのか!?」と反駁するポルトスにアラミスが言った、このセリフが大好きです。

「ダルタニャンだったら、きっと来るよ」

あと24章の、

「ダルタニャンはね、やさしいポルトス、ダルタニャンはここに来るよ」

なんだろうね、アラミスのこの、ダルに対する全幅の信頼って!!゚(゚´Д`゚)゜

「ダルタニャンが策を考えてくれるなら大丈夫」とかも言ってるしね。

なんだろうね、アラミスのこの、ダルに対する全幅の信頼って!!゚(゚´Д`゚)゜

ほんのちょっと前まではかなり熾烈な腹の探り合いしてたのに…ちょっとこの部分読んでると胸熱くなってくるわ…。

この他にもこの23章・24章近辺はダルとアラミスとポルトスの友情がなかなか熱くて熱いよね。

アラミスは何とかしてポルトスだけでも助けようとしているし。

ダルは「俺の立身出世のために友達を犠牲にしたりはしない!」だし。

ポルトスはアラミスに騙されていたことを知っても、ダルやアラミスに何と諭されようとアラミスと一緒にいることを選ぶし…これって「君一人置いて自分だけ安全なところに行けるか!」ってことだよね。騙されたいたことを知った後も、「これには政治的な陰謀があるんだろう?」ってアラミスに聞いてるし。これって「君が伊達や酔狂や、ただ自分の私欲のためだけでこんなこと考えたりしないってことは俺には良く分かってるよ。何か訳があるんだろう?」ってことだよね。うわぁなんだろこれすげぇアニ三(笑)。

もうこの…このね!「自分のことよりまず友達」っていうところがね!アツいよね!!滾ってきますよね!!これぞ三銃士っていうか!!!

(しかしアラミス…「実はフーケ様に対して陰謀が企てられていてね…」って言い訳しないんだな…。言っちゃってもいいと思うのに。もう今となってはどうでもいいってことなのか…潔良いな…漢だな!)

…と、こんな風に自分の中で盛大に盛り上がると、この場にいない某伯爵wに対して腹が立ってくるんですけど(笑)。

いやだってさー(以下、いつにも増してアンチアトスなこと書いてあるので、それでもいいよという方のみ「続きを読む」からどうぞ)


拍手[2回]

PR

・・・続きを読む

ダルからの手紙

11巻23章、ダルがアラミスとポルトスに宛てて手紙を出してたけど、この手紙ってアラミスによると「筆跡が震えているからニセ手紙の可能性大」なんだよね。実際どうだったんだろう。なんか結局ダル本人が書いてたっぽいような気もしなくはないけど…。

ダル本人が書いたとして、「筆跡が震えてる」ってことは…ダルは自分で書いてはいたけれど本心ではなかったってことなんだろうか。国王命令で無理やり書かされていた的な?

いやむしろ、手紙自体はアラミスの読みどおり誰かがダルの筆跡をまねして書いたもので、ダルはそのニセ手紙も含めて計画の全容を知らされていたって考えることもできるか…。

いずれにせよ、手紙をジョナタスに持たせて、ダルの名を使ってこちらに来るよう伝えさせ、こちらの要望に応えてやってきたところを捕縛する―というのがルイ&コルベール(&シュブルーズ夫人)の計画だったんだろうと思うんだけど、24章でダルが「君たち二人を僕の船に乗せて、それから自由の身にさせる予定だった」って言ってたってことは、その計画の裏をかこうとしてたのかな。

で、恐らくシュブルーズ夫人は「ポルトスはともかくアラミスは来ない」「アラミスはきっとポルトスを説き伏せる」「むしろアラミスはダルが島に来ることを要請する」であろうことも読んでいて、そうなった時のためにダルに付ける見張りの士官を用意していたのかもね。

ちょっとこの辺の文章外の攻防を想像すると、なかなかスリリングで面白いな~。

(ところでダルは「ポルトスはともかく、アラミスは来たがらないだろうな」とは思わなかったんだろうか。アラミスとダルの思考のシンクロ率を考えると、「アラミスだったら絶対来ない」って思ってそうな気がするけど。アラミスがポルトスの意見を聞くことに賭けてたのかな…)


拍手、ありがとうございました!

拍手[1回]

従僕達のその後

四銃士の面々に負けず劣らずの中々の個性を放っていた彼らの従僕達―彼らのその後はどうなったんでしょうね?

唯一生死がハッキリしているのはムスクトンだけで…。彼は主人の後を追うように死んでしまったけれど。

プランシェ、グリモー、バザンに至っては作中出てきてフェードアウトしたまま…。

まぁプランシェは、「店は若いモンに任せて、自分はトリュンフェンと田舎に引っ込んで農業しながらのんびり暮らす」って言ってたから、きっと田舎で穏やかな晩年を過ごして幸せの内に息を引き取ったんだろうなって想像できるんですが。

バザンはどうだろうなー。あの人6巻にちょこっと出て来ただけで、その後音沙汰なしなんだよね。しかもその時の様子が熱狂的なフーケ様信者だったから、フーケ様失脚後どうなったのかちょっと心配だったりする…。まぁあの人結構ちゃっかりしているというか、なんだかんだで長いものには喜んで巻かれちゃうタイプのような気がするので(ある意味主人のアラミスとは真逆の意味で世渡り上手な気がする)、何食わぬ顔してコルベールやルイ14世を称えて、きっとあのままムランで司祭続けてるんだろうな。多分、フーケ様失脚前の自分は黒歴史(笑)。

問題はグリモーだよね…。11巻でダルにボーフォール公からアトスに宛てた手紙渡して、アトスの足に接吻した後完全にフェードアウト。どうなっちゃったんだろホントに。この人こそ主人の後を追うようにこの世から去っちゃいそうな気がするんですが。

新しいラ・フェールやブラジュロンヌの殿様にお仕えしたりしてるんだろうか。でもアトスに仕込まれたあの性格じゃあ他の殿様と上手くやっていくのは大変そう(;´д`)

ボーフォール公に拾われて、その後幸せに暮らしました、だといいな。ボーフォール公、結構彼のこと気に入ってるし。ブレゾワ含めて、ラ・フェール伯爵の主だった従僕達は、ボーフォール公がまとめて面倒見てくれるといい。


拍手、ありがとうございました!

拍手[1回]

アラミスって猫みたいかもしれない・・・

私、11巻2章でアラミスが喜々としてフーケ様に陰謀を報告するシーンを読むたびに、「お外で捕まえた虫やらネズミやらの小動物を、『ねぇねぇ見て見て!』とばかりにご主人様の前に持ってくる野性味あふれる飼い猫」の姿が思い浮かびます。

ええもちろん飼い主はフーケ様w誇らし気な顔をして無残な姿になった獲物を目の前に晒され、「あああああああんた一体何やってんのぉぉぉぉぉぉ!!!!」と恐れおののいているっていうかね(笑)。

アラミスにゃんこは見た目お上品で毛並みもよいから、見た目とやってることのギャップが大きすぎて、ご主人様の恐怖感というか衝撃度はさぞかしハンパなかったことでしょう(笑)。

しかし、この後フーケ様は結局ベル・イールに逃れる決意をするわけですが、ここで結構なタンカ切ってたくせに一体どの面下げて司教猊下に会いに行くつもりだっ 実際ベル・イールで再会してたらアラミスはどんな反応してたんでしょうね?

名前を聞くなり、もしくは顔を見るなりした瞬間手放しで喜んだ…かなぁ?むしろ最初の内は「何しに来たんですか、あなた?」とか言って冷たくあしらって(ここの「あなた」は例の軽蔑と親しみのこもった言い方だよ!)、デレるのはもうちょっと後になってからかな、なんて思うんですけど(笑)。

…まぁしかし、今まで散々3部アラミス褒めちぎっていて言うのもなんだけど、アラミスのこの陰謀って結局のところ、「できるからってやっていいことと悪いことがあるだろう!」の一言に尽きる気がするんだよね。頭いい人ってどこか普通の人と考えズレてるとはよく言われるけど、その典型かな、みたいな。…ええもちろん褒めてますよ!


拍手、ありがとうございました☆

拍手[2回]

11巻15章

いつも読んでて疑問に思うところ。

それは11巻15章のこの部分。

「武人であり、司祭であり、外交官でもアラミスは、粋人である反面、貪欲で狡猾な面も備えており、このような特徴を生かして世間に乗り出そうとしたが、結果はいつも裏目ばかり出るのであった」

ここってダルの独白部分だから、ダルがそういう風に思ってたってことなんだろうけど…。

…「裏目」って何だ「裏目」って。しかも「いつも」って…(笑)。

2部のマザランの舘包囲したこととか?まぁ、アレはタイミング的にはダル達の方が先に出て来ちゃったけど、アラミスが用意してくれていた分その後の計画がスムーズに進んだわけだから失敗とか裏目に出たっていうのとは違う気がするし…。1部のコンスタンスが毒殺されたこと言ってるのかなーとも思ったんだけど、それだってタイミング的な問題であって裏目に出たとか失敗したとかじゃないよね…。

ていうか、今までそんなに失敗ばかりしてないと思うんだけど…。

それともいつもフランス屈指の有力者(1部→シュヴルーズ夫人、2部→ロングヴィル夫人)と仲良くなっても、結局は破局したってことを指してるんだろうか…?

うん、ちょっとこの辺の考え、ダル本人に聞いてみたい(笑)。



拍手、ありがとうございました!!

拍手[2回]

  

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめアイテム

最新コメント

[09/15 るり]
[11/11 ミノネツ]
[07/27 藤乃]
[06/19 Smithk438]
[05/17 Smithd336]

プロフィール

HN:
暁香月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい自己紹介はこちらからどうぞ。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- ☆香月の庵リターンズ☆ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]