忍者ブログ

☆香月の庵リターンズ☆

原作アラミススキー。「アニ三アラミスは原作アラミスの好みのタイプだよね!」というコンセプトのもと、原作アラミス×アニ三アラミスという異色カップリングをネットの片隅で限りなく追求しています。あと原作考察(ほぼアラミス関係)。

カテゴリー「その他三銃士」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベルモンド感想③

8幕「デカい男」。まさかのロラン君大活躍の回!(「まさかの」とか言うなw)敵(アホのプッチ)が奪ったベルモンドの剣を取り返した!良くやった!足怪我してるのに!!ロラン、キミはやればできる子だって信じてたよ!!

で、次の9幕でル・マスクの正体が分かるんですが…これ当時ジャンプ感想サイトさんで散々「バレバレ」とか「見え見え」とか「だろうと思った」なんて言われてたんですけどすみません!私はまんまと引っかかりました(笑)。いやーんまさかジョルジュだなんてぇ~あれだけ散々ベルモンドとの友情演出してたのにこれは辛い!ヒドい!衝撃だわ~なんて思ってたら皆さんちゃんと読めてるんだもんなぁ…。

本性表したジョルジュ、やることエグいですよ。ベルモンドのこと散々言葉攻めしたり剣で穴開けた胸の傷に指ツッコんで広げたり、ベルモンドの片目を抉り出したり…とてもバッキンガム公が元キャラだなんて思えないw(注:ウィキ情報)。バッキン様、一体何があったんですかwいつからそんな魔女嫌いになったの?(愚問w)

(でも結局打ち切りになっちゃったから分からなかったけど、なんかこの辺のくだり読んだだけだとジョルジュの目的とダルの目的って違うような…?どうなんだろう??)

で、この辺から魔女の末裔はどうやら他にもいるらしいっていうことが分かって来て、これまで修道院の地下室という閉じられた空間でだけで進んでいた物語の世界の幅が広がる様相を呈してきてだんだん面白くなってくるんだけど。

連戦で魔女の力を失っていたベルモンドに魔女の力が戻ってきて(これって気力で戻ってきたってことでいいのかな?)、ベルの剣がジョルジュの右肩を切りつけて、ジョルジュ絶体絶命!!ってときに

パァァン!!って銃声が響いてベルモンドの足に銃弾が当たって

ジョルジュ「ムスクトン、何勝手なことしてんだよ!邪魔するな!!」

へ?ムスクトン?え…ええっ!?

ジョルジュ「ポルトスまで来てたんだ…」

ポ…ポルトス?え…?ちょ…ま…ポルトス!?

いやちょっと私、プランシェ以外の三銃士の従僕出たの、初めて見たよ?可愛いなムスクトン。ちょっと不思議ちゃん入ってるっぽいところがw

しかも今まで三銃士(ダル物)原作の他作品では海賊だったり食いしん坊だったりただの力バカ(失礼)だったポルトスが…イケメンだ!ワイルドなイケメンだよ!!(=▽=)

いやもう私、我が愛しのロラン君が半目開いて口から血ィ流して倒れてるんだけどそんなこと完全に吹っ飛んだよ!(笑)(まぁ、やったのはポルトスであってまさかムスクトンにやられたわけではないとは思いたいがw)(←つか三銃士にやられるのはある意味護衛隊の宿命よねw)

で、この章(第11幕)ラストについに、

縦ぶち抜きでダルタニャン、キターーーーーーーーー!!!!!!

(そしてその脇っちょにいる小さいのはもしかしてジャンヌか!?)

というわけで否が応でもテンション上がってきたところで次回へ続く(2巻1回で終わらなかったな・笑)。


拍手ありがとうございました~。

拍手[2回]

PR

あの時あの人は…。

アニ三の前半(首飾り事件)ではシュブルーズ夫人出てきてたのにどうして後半(鉄仮面事件)では出て来なかったんだろう?

制作側の良くわらかない大人の事情はこの際考えないとして。

確か首飾り事件の時、王妃の腹心だか親友だかっていう紹介されてたから、鉄仮面事件のときアンヌ王妃が幽閉された時ただ黙って見ているなんてことはパリにいればしなかったはず。

…ということはパリにいなかった?

そういえば首飾り事件から鉄仮面事件までって、物語の上では半年くらい時間たってたんだよね。

ってことはこの半年の間にシュブルーズ夫人がリシュリュー暗殺計画だか追放計画だか企ててもおかしくないはず!

つまり計画が発覚して追放されてパリにいなかったんだ!そうなんだ!!

…という妄想が時々降ってくる今日この頃(笑)。

しっかしホント、アニ三スタッフってもったいないキャラの使い方してるよねー。

あんなインパクトがあって活動的な女性、活躍させない手はないと思うのになぁ(歴史上の人物だからヘンに手入れられなかったっていうのもあるのかもしれないけど、だったらルイとかアンヌとかリシュリューだって同じなはずなんだよね)。


拍手ありがとうございました!

拍手[3回]

ベルモンド感想②

さてさて、1巻の感想です。①から3ヶ月近く経ってるから、そろそろやらないとね(笑)。

まず初見の感想…「ジャンヌはどうした!!」。読み切りではベルモンドの従者的?立場にジャンヌっていう女の子がいたんだけど連載だと居なくなっちゃったんですよ。代わりにセリーヌとかいうボンキュッポンな由緒正しい貴族令嬢投入。…やっぱ主人公側には幼女よりボンキュッポンなお姉さんですか読者層的に(T_T)とちょっと悲しく思ったのを今でも覚えてます。

ゴーモンのシーンは…読み切りでも思ったけど、マンガで白黒だからいいけどアニメみたいに色ついたりするとグロいことこの上なくね??身体の切断面とか特に(笑)。

魔女の力使って解錠(ウヴリール)するとき連載ではベルモンドのアップになってた髪の毛がほどける仕様になったのですが、これってどこの層狙い何ですかね?(笑)個人的にはアップのままで良かったんじゃないかなーって思うんですけど。

2話目は1話目の内容(というかベルモンドについての説明)の繰り返しって感じで、連載中は「2話目もこれはくどい」とか思ったんだけど(ぶっちゃけ10周打ち切りが見えたりした)、コミックスで読んでみるとそうでもないんだよねぇ。週刊連載のスピードに慣れちゃってたのかな。

(架空の)参考文献の表示の仕方がいちいちダル物スキー心を刺激する感じで楽しいです。「○○に関する覚書」とか(笑)。あと護衛隊の無能っぷりとかね!囚人が小刀隠し持ってるの気づかなかったり、セリーヌ嬢も早速護衛隊を無能呼ばわりですからねぇ。しかもその同じコマの説明に「リシュリューは有能」としっかり書かれてるあたりwwうんうん、ショウエイ先生は分かってらっしゃる!!

そうそう、ロラン君はヘタレヘタレと作中作外オマケマンガで散々言われてるけど、ロラン君がヘタレじゃないんだからね!護衛隊全体がヘタレなんだからね!!とロラン君ファンの私は声を大にして言うよ!!(フォローになってないよ!!)

セリーヌのような伝統貴族のほかにも当時は金でなり上がった成り上がり貴族もいて、(ペスト流行で)ネズミが嫌われ者だったり、人身売買が行われていたりと、17世紀フランスの豆知識がいっぱいでショウエイ先生ホントにこの時代好きなんだなーいっぱい勉強したんだなーというのがひしひしと伝わって来るようですよ。ただ本来の読者層に17世紀フランスの裏事情知ってるのがどの程度いるのかと言われるとちょっとギモンだけど…。ネズミなんて今でも普通に嫌われ者だから、セリーヌはお嬢様だからネズミが嫌いでバレアーも潔癖症だからネズミ大っ嫌い程度にしか多くの読者は思ってないだろう(T_T)。

1話目の最後に「やがて運命は彼を外の世界に引きずり出す」ってあって、連載中は「もっと早くに外出す展開にしてればよかったのに」と思ってたんだけど、1巻の4話目にしてル・マスク出てる…ってことは展開それなりに早かったのね(笑)。連載終った今だから裏にダルがいるって分かるんだけど、当時は分からなかったからなぁ。

そして17世紀フランスのお話に、仮面の男とすり替えられるくらいそっくりな双子の兄弟は必要不可欠なんだなと思ったのでした(大笑)。

2巻の感想に続く。

拍手[2回]

ベルモンド感想①

新年の抱負として書いたので忘れないうちに始めるわよ!

これ一番最初に読んだのは赤マルでの読みきりだったんですよねー。赤マルはWJ本紙の人気作品のおまけマンガ目当てに買ってたんですが、いやー中々衝撃的だったんですよねー。

だって17世紀フランスが舞台なのに三銃士っていうメジャーどころじゃないのよ!

この漫画家さん、前にも赤マルでサッカーの読み切りマンガ描いてたんだけど、主人公の男の子がサッカー始める動機が「女子サッカーに憧れて」だったんですよ。女子サッカーなんて今でこそ有名だけど当時(8年くらい前?)は全然、知名度なんてなかったですからねぇ。

なんか目の付けどころが良いなぁというか、発想が新しいなぁなんてこっそりマークしていたら、

リシュリューサイドかよ!!

っていう。「三銃士」の世界だったら絶対ただのモブで終わりそうな護衛士にちゃんと役職と名前ついてるしね!なんかもうその期待を裏切らない新しさに釘付けになっちゃったのよ!

しかも主人公の服が赤、髪も赤系(ピンク)、猫飼ってるし、拷問吏だし(アニ三やその他三銃士作品の影響でリシュリューと言えば拷問ってイメージ持ってる人は多いかと・笑)、凶器収集が好きのベルモンド氏が愛でている短剣がフェルー街で手に入れたものだったりとか、三銃士好き(というか17世紀フランス好き?)にとってはうんうんと頷いたりクスリと笑えてしまえそうな小ネタ満載(笑)。

私が大好きな魔女狩り題材にしたお話ってことを置いといてもなんかすっげー楽しそう!WJ本誌で連載しないかなしないかな?連載してダルと三銃士出て来ないかな?まぁでも出てきても主人公がリシュリューサイドじゃ敵役だよね?でも敵役のダルと三銃士ってのも新しくて面白いかもー?ああでも拷問じゃあ少年誌では難しいよね?ああそれにしてもロラン君かわいーvvvvv三銃士敵役でもいいし出て来なくても構わないから本誌連載の際には最低限ロラン君だけは残しt…なんて一人で勝手に盛り上がってて、まぁでも実際連載は難しいだろうなーなんて思ってたら

その1年後くらいに連載始まりました(笑)。

いやもうその時の衝撃と喜びと言ったらなかったね。一瞬サイト復活させようかと血迷った思いが頭かすめたよ?(10周打ち切りになったらシャレにならないので思い止まりましたが・笑)。

ちなみに本誌連載に際しソフト路線に変更になったらしいですが…元のテイストのどの辺が悪かったのか今になってもイマイチ分からないんですよ。そんなにグロい表現とかなかったと思うし…「デス・ノート」とかだってあったし同時期連載されていた「ネウロ」なんかの方がよっぽど過激だったと思うんですけどねぇ。「拷問」ってのがいけなかったのかなぁ…?

まぁ何にしても「連載バンザイ!」と一人大盛り上がりだったのでした。ちゃんとロラン君もいるし!まぁ昇格したのか降格したのかビミョーだけどw(第三班輸送係から第三分隊所属だから昇格したってことでいいの?)

…ってことで1巻の感想に続く
(巻毎に感想書くとか言ってたのに1巻に入る前の時点でこの長さなんだけど大丈夫なんだろうか私…・汗)


拍手ありがとうございました!!

拍手[3回]

アニ三アラミスの設定について思うこと②

まぁそんなわけで前回の続きです。

続きって言っても完全につながってはいない気がしますが…。あ、でも半分くらいはつながっている気がする…どうだろう?(笑)

注意点は相変わらずです。前回にも増して辛口で身も蓋もない事書いてますがあくまで愛ゆえです。愛ゆえなんだよ!!

なので「あ~また暁がバカなこと言ってるよ」くらいに軽く笑って受け流してくれる方のみ「続きを読む」からどうぞ。


拍手、ありがとうございました!!


拍手[4回]

・・・続きを読む

  

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめアイテム

最新コメント

[09/15 るり]
[11/11 ミノネツ]
[07/27 藤乃]
[06/19 Smithk438]
[05/17 Smithd336]

プロフィール

HN:
暁香月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい自己紹介はこちらからどうぞ。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- ☆香月の庵リターンズ☆ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]