忍者ブログ

☆香月の庵リターンズ☆

原作アラミススキー。「アニ三アラミスは原作アラミスの好みのタイプだよね!」というコンセプトのもと、原作アラミス×アニ三アラミスという異色カップリングをネットの片隅で限りなく追求しています。あと原作考察(ほぼアラミス関係)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月27日拍手お返事

11月27日に拍手コメント頂いたので、お返事です。

「続きを読む」からどうぞ。

拍手のみも、どうもありがとうございました!

拍手[2回]



〇藤乃さん

小説の感想どうもありがとうございました!最後のルネさんのセリフ、可愛いって言って頂けて嬉しいです☆あと弱気な猊下にもキュンキュンして頂いてありがとうございました!もう絶対絶対、スペインに帰りを待っている女性いると思うんですよ!!(>_<)

ロングヴィル夫人…そういえば妊娠中でしたね。2部の最後の方で息子が生まれたって記述があったけど…臨月…近かったのかなぁ…。フロンドの乱って史実では1期と2期があり、ダル物ではこの1期と2期がいっしょくたにして書かれているようなので、3巻から5巻までどのくらい時間が流れたのかよく分からなかったりするんですよね(汗)。しかしいずれにしろ、妊婦さんを修道院の窓から梯子使って入れるのってどうなんだろうと今ふと疑問に思いましたよ(笑)。3巻で男装したロングヴィル夫人を伴って修道院の方に行く描写がありましたけど、あれ絶対窓から入れるつもりでしたよね(笑)。

>煩悩の訳について
>教えていただいた中国語訳を引用させていただいちゃいました。

いえいえ!全然構いませんよ!

「煩悩」の訳については、追記に書かれていた他の方のコメントも含め、私も色々と考えさせられました。翻訳物…しかも文芸作品の場合、分かってはいるけれど原文読むのと訳文読むのとでは大分印象違ってきますねemoji「追記」の方にもありましたが、翻訳された当時から現在に至るまでに起きた言葉のイメージの変化みたいなのもあるだろうし…。

ダル物の邦訳が今新たに出たとしたら、また違ったイメージ抱くのかなー、少なくとも講談社・ブッキング版とはまた違った感じになるのかも、なんて思いました。
 
余談なのですが、外国語小説の邦訳って、出版社に持ち込みOKなんですよね。作品の概要と、企画書みたいなのを持ち込むらしいのですが…。出版社も営利団体なので、利益が見込めないようならGOサインは出さないし、仮に企画書通ったとしても版権などの交渉は翻訳者が自分でやらなきゃならない場合もあったりと色々めんどくさそうなのですが…(^^;)。
 
1人が大変ならグループ訳でもいいので、誰かやってくれないかな(笑)。

「三銃士」の部分は複数の出版社から出ているのに、2部はもちろんダル物全体はどこからも出ていないので(3部はかろうじてあるけど…それだって国王すり替えの部分だけだし)、なんかもったいないなぁ…って思うんですよねemoji
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめアイテム

最新コメント

[09/15 るり]
[11/11 ミノネツ]
[07/27 藤乃]
[06/19 Smithk438]
[05/17 Smithd336]

プロフィール

HN:
暁香月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい自己紹介はこちらからどうぞ。

メールフォーム

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- ☆香月の庵リターンズ☆ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]