忍者ブログ

☆香月の庵リターンズ☆

原作アラミススキー。「アニ三アラミスは原作アラミスの好みのタイプだよね!」というコンセプトのもと、原作アラミス×アニ三アラミスという異色カップリングをネットの片隅で限りなく追求しています。あと原作考察(ほぼアラミス関係)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11巻23章・24章は熱いと思う!

前回の続きのようで続きじゃないような(笑)。

どうでもいんですけど、例の手紙、実はシュブルーズ夫人がダルの筆跡をまねて書いたもので、彼女の筆跡を良く知っているアラミスだからこそ僅かな震えを察知してニセ手紙を見抜くことができたと考えると中々アツいものがあるな…。ってちょっと妄想入りすぎ?(いつものことです)

さて、ベル・イールに立て籠もっているアラミス達に宛てた手紙とジョナタスに託された伝言を聞いたアラミスが、罠を警戒して「むしろダルタニャンがこちらに来い。拒否すれば武力行使も辞さない」と要求するシーン。「ダルタニャンを攻撃するのか!?」と反駁するポルトスにアラミスが言った、このセリフが大好きです。

「ダルタニャンだったら、きっと来るよ」

あと24章の、

「ダルタニャンはね、やさしいポルトス、ダルタニャンはここに来るよ」

なんだろうね、アラミスのこの、ダルに対する全幅の信頼って!!゚(゚´Д`゚)゜

「ダルタニャンが策を考えてくれるなら大丈夫」とかも言ってるしね。

なんだろうね、アラミスのこの、ダルに対する全幅の信頼って!!゚(゚´Д`゚)゜

ほんのちょっと前まではかなり熾烈な腹の探り合いしてたのに…ちょっとこの部分読んでると胸熱くなってくるわ…。

この他にもこの23章・24章近辺はダルとアラミスとポルトスの友情がなかなか熱くて熱いよね。

アラミスは何とかしてポルトスだけでも助けようとしているし。

ダルは「俺の立身出世のために友達を犠牲にしたりはしない!」だし。

ポルトスはアラミスに騙されていたことを知っても、ダルやアラミスに何と諭されようとアラミスと一緒にいることを選ぶし…これって「君一人置いて自分だけ安全なところに行けるか!」ってことだよね。騙されたいたことを知った後も、「これには政治的な陰謀があるんだろう?」ってアラミスに聞いてるし。これって「君が伊達や酔狂や、ただ自分の私欲のためだけでこんなこと考えたりしないってことは俺には良く分かってるよ。何か訳があるんだろう?」ってことだよね。うわぁなんだろこれすげぇアニ三(笑)。

もうこの…このね!「自分のことよりまず友達」っていうところがね!アツいよね!!滾ってきますよね!!これぞ三銃士っていうか!!!

(しかしアラミス…「実はフーケ様に対して陰謀が企てられていてね…」って言い訳しないんだな…。言っちゃってもいいと思うのに。もう今となってはどうでもいいってことなのか…潔良いな…漢だな!)

…と、こんな風に自分の中で盛大に盛り上がると、この場にいない某伯爵wに対して腹が立ってくるんですけど(笑)。

いやだってさー(以下、いつにも増してアンチアトスなこと書いてあるので、それでもいいよという方のみ「続きを読む」からどうぞ)


拍手[2回]



そりゃあね、アトスにも事情があるのは分かりますよ?分かるけどさ、アラミスとポルトスは絶対絶命のピンチ!ダルも王命と友情の板挟みで苦しんでいるっていうのに何もしないって…(;´д`)

司教猊下の誘いを断って一緒にベル・イールに行かずフランス本土に留まるのなら、せめて昔のようにダルの支えになってやって欲しかったと思うのは私の我がままですか?

アラミスとポルトスが追われる身になったことはアトス自身先刻承知のはずで、銃士隊長のダルタニャンはそれを追う立場になろうことだって当然分かるはずなのに…。11巻13章・14章でダルと再会しても特にそれをフォローすることも気にかけてくれることもせず、ラウルのことばっか。

そりゃあね、息子だし、息子ももういい年とはいえ「子供より友達の方が大事」な親ってものどうかと最初の頃は思ってましたけど、でもよくよく読んでみると11巻6章の最後の方に「アトスは国王の許しがたい慢心をあれほど激しく揺さぶった一件のことはおくびにも出さなかったし、退出する前のあの激しいやりとりにしても、詳細は決して語らなかった。もし恋敵の傲慢な鼻が挫かれたと知ったら、青年にとってどれほどの慰めになったか計り知れないのだが、アトスは恋に傷ついた息子が国王に対する尊崇の義務を怠るのを好まなかったのである」ってあるんだよね。これってつまり結局のところ、「息子<貴族としての名誉とか尊厳」ってことじゃん?

アラミスに対しても「僕は国王を咎めることのできる何物かを手に入れたいと思ってうんたらかんたら」言ってるし…ダル、ポル、アラは「自分の命や立身出世よりも友達の命!」なのにお前の場合は「友情よりも息子よりも貴族としての有り方」かよ!!みたいなね…(;´д`)

思えばアラミスとポルトス、ダルの友情は2部の新王宮前広場で破綻してしまう可能性もあったわけじゃない?その危機を救ったのは他ならぬアトスの言葉だったわけで…。お前はあそこでご大層なこと言ってたくせに何もしないのか!!いや、馬は貸してくれたけど…馬だけかよ!!(;´д`)と私はぶうぶう言いたくなってしまうんですよ。

…まぁ、その辺の不満は「すり替わった~」の「願い」の方に盛り込んだからいいんですけど(でも原作のここ読み返すたびにもやもやしたものが湧き出てくる…)。

そもそも3部アトスは国王の不況買ってバスティーユ送りになったときといい、「周りが自分のために骨を折ってくれるのが当たり前」のような状況になっちゃって、アトス本人が友達のために動くということをしなくなっちゃっているのがね…。2部からその気はあったけど…。一番最初に友情の大切さを説いてたのに、結局お前は口だけなんだなというか…。

よく3部は「アラミスが友情を忘れた」みたいな言い方されることあるけど、私はむしろ「友情忘れてるのはアトスの方なんじゃない?」って思ったりするのでした。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめアイテム

最新コメント

[09/15 るり]
[11/11 ミノネツ]
[07/27 藤乃]
[06/19 Smithk438]
[05/17 Smithd336]

プロフィール

HN:
暁香月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい自己紹介はこちらからどうぞ。

メールフォーム

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- ☆香月の庵リターンズ☆ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]