忍者ブログ

☆香月の庵リターンズ☆

原作アラミススキー。「アニ三アラミスは原作アラミスの好みのタイプだよね!」というコンセプトのもと、原作アラミス×アニ三アラミスという異色カップリングをネットの片隅で限りなく追求しています。あと原作考察(ほぼアラミス関係)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アラミスの「業」

たまには真面目にアラアラの話なんぞを(笑)。

私、前にも書いたかもしれないですけど、アニ三アラミスは原作アラミスというキャラを、かなり忠実に再現されたキャラだと思ってます。

原作アラミスは双子の王子の秘密を手に入れ、その秘密(と陰謀)を言ってはいけない人(フーケ様)に言ってしまったがために陰謀に失敗し、大切な友人を失う羽目になったわけですが、別冊アニメディアの「愛・アラミスの旅立ち」を読むと、どうやらアニ三アラミスも双子の王子の秘密を言ってはいけない人(叔父さん)に言ってしまったがためにフランソワが殺される羽目になったっぽい気がするんですよね。(小説の方にもちらりと書きましたが)

ていうか、「フランソワさんが殺されたのって、これってアラミスのせいなんじゃないの?」というのが「愛・アラミスの旅立ち」を最初に読んだときの率直な感想。

(まぁルネが叔父さんに言ってしまったことが直接の原因になったかどうかは定かではないですが、(昔どなたかも言ってましたが)叔父さんが知ってしまったことでフィリップたちがノワジーから去ることになって、その引っ越しの隙を狙われた、と見るのが客観的事実として妥当なのかな。まぁいずれにしろ原因の一端は担ってるかと)

それを考えると、アニ三アラミスは「大切な人の死の原因を作った(そしてその大切な人を目の前で失うことになった)」という原作アラミスが一生かけて(というか晩年になって?)負うことなった業を、齢16にして一気に背負うことになったキャラなんじゃないかと思うんですよね。

私は原作アラミスもアニ三アラミスと同じように幸せになって欲しいと思ってるんですが、それを考えるとどうも↑がネックになってしまうんですよね。この彼の孤独というか寂しさと言うか罪深さというか(うまく言えない)が癒されなければ彼は本当の意味で幸せにはなれないだろうし、かといって彼の背負っている辛さを分かってくれる(もしくは分かち合える)人も同じ作品内にはいないし…。

唯一できるのはダルなんだろうけど事ここに至った時の立場自体が正反対なわけだから何にもならないし(下手すりゃ逆効果だし)。そもそもこの2人が互いにそういうことをするとも思えないしねぇ(いや、何とかしたいとは思ってはいても顔合わせるとお互い反発し合う人達だから…多分無理)。

だからまぁ、メディアの垣根を飛び越えるのが許されるのならば、唯一理解できるのはアニ三アラミスなんじゃないかと思うんだよね。逆もまた然りという感じで。

まぁ結局アラミスの気持ちはアラミスしか分からないってことになってしまうんだろうけど。

「アトアラだったら原作の過去つきアトスじゃないとなー」って思ってた時分があるのですが、自分の中でのアラアラってそれと共通する部分がある…のかも。


 拍手ありがとうございました~。

拍手[4回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめアイテム

最新コメント

[09/15 るり]
[11/11 ミノネツ]
[07/27 藤乃]
[06/19 Smithk438]
[05/17 Smithd336]

プロフィール

HN:
暁香月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい自己紹介はこちらからどうぞ。

メールフォーム

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- ☆香月の庵リターンズ☆ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]