忍者ブログ

☆香月の庵リターンズ☆

原作アラミススキー。「アニ三アラミスは原作アラミスの好みのタイプだよね!」というコンセプトのもと、原作アラミス×アニ三アラミスという異色カップリングをネットの片隅で限りなく追求しています。あと原作考察(ほぼアラミス関係)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マスケティアーズ~パリの四銃士第12話

以前書いたHULU版と同じ感想しか思い浮かばない…(;´Д`)

もう…ね、庶民も庶民の最底辺の生活を体験し、ルイは父親としても王としても一回りも二回りも大きく成長して帰ってきましたよ、っていうんじゃなくてね!!!!!

ルイはもう相変わらずルイのままっつーか…元々お前が言い始めたことじゃんよー、「陛下もうこのくらいにして帰りましょう」っていうアトスたちの忠告無視して遊んでたのお前じゃんよー、なのに最後「余を危険な目に合わせおって…」って違うだろ!!!!みたいなね(笑)。

その地域のお殿様が庶民の生活体験したいって町民に扮して街に出て行って悪徳代官に虐げられる庶民を目の当たりにして、「お殿様はこんなあっしらの生活なんか見向きもしてくれないんだー」っていう訴えを耳にして、すべて解決した後庶民の生活にも気を配る良い藩主様になりましたよ、っていう水戸黄門的要素がそこかしこに散りばめられているっていうのになんだろうねこの盛大な裏切り感(大笑)盛大すぎていっそ清々しいよ?爽快だよ?(笑)

最後ダルが視聴者視線でぶーたれてる中、「陛下だからしかたないよね」「うんうん」みたいに言ってる隊長と三銃士はすごく大人だと思いましたよ。

「国王は病気で洗礼式に出席できないということにしたら?」とか、王妃に対するロシュフォールのアドバイスがいちいち的を得ているというか正論なのが、目論見分かってる分すごくキモチワルかったです(褒めてます・笑)。

アラミスが王太子に子守歌歌ってるシーンはHULUの字幕版の方がなんかすごく意味深だった気がする。確か「安らかに眠れ、我が子よ~♪」みたいな歌詞じゃありませんでしたっけ???(記憶違ってたらゴメン)

しっかしアラミス、10話で「(王太子には)一生臣下としてお仕えします」って言ってたんだから王太子に会いに行くのはよせよって思うんだけど…。頭では分かっててもそれはそれ、やっぱ人間だしそのへんの情には敵わないって感じなのかしらね…?前回アトスに忠告されてたのに会いに来てるもんなwww


拍手、ありがとうございました~!

拍手[10回]

PR

マスケティアーズ~パリの四銃士第11話

マスケティアーズことBBC三銃士は私、シーズン1(1~10話)が一番好きで、シーズン2(今回から始まった11話以降の話)はそれほどでもなかったんですが、今回NHKでやってるのを改めて見たら

何コレすっごく面白いじゃーん(≧▽≦)

って思いましたよ(*´ω`*)

結末知ってるからですかね~?当時は最初のほうは伏線がいっぱい張り巡らされてて何がどうつながっていくのか分からなかったし、ロシュの目的も何だかよく分からなくて、だからこそのドキドキわくわく感もあったのですが、最後まで見てすべてが一つにつながった今、改めて1話を見てみると、「あ、ここでこんなセリフあったんだ~」とか「あ、この時のこの表情ってそういう意味だったのね!」ってのが分かって、初見とはまた違ったスリルを感じることができました。

ロシュが王妃と再会したときに言ってた「獄中では王妃様の存在だけが心の支えでした云々」は最初見たときは社交辞令だと思ってたんだけど、まさか本当にマジだったとはなぁ、とか(笑)。

その後ルイが喋ってるときに映された、王妃を見上げるロシュの燃えるようなまなざしとか(笑)。

私、「このロシュ、かなりヤバいやつなんじゃ…(;゚Д゚)」って一番最初に認識したのはこの次だか次だかその次だかに出てくる「娼婦を使った王妃様プレイw」なんですが、王妃様は「古いお友達が帰ってきてくれて嬉しいわ」って言っただけなのに、それを「王妃は俺を愛している」って思いこんでスペイン大使に言っている当たり、「あああああ~こいつ、1話のころから頭相当ヤバいイカれた奴として描かれてたんだぁぁぁぁぁぁ(((;゚Д゚)))」って思ったりとか(笑)。

(思ったんだけど、シーズン1は基本1話完結の話だったけど、シーズン2はシーズン2という大きな話があって、その中でクライマックスに向かって一つ一つの物語が動いていくっていう感じなんだね)

ロシュの中の人って堀内賢雄さんなんですね。ベテラン声優さんじゃん!今後のストーリーの声の演技にも期待大だよ!!

そういえば枢機卿の死因、吹き替えでは「過労で心臓がやられた」みたいな感じになってましたね。HULUでは「心労で…」みたいな感じだったと思うのですが。多分原文的にはどちらでも取れるような感じなんでしょうけど、「心労で」の方が、「原因ぜったいお前らだろwww」(いやむしろ王妃様にあんなことしちゃったからめっちゃ神経すり減らしちゃったのかもしれないいw)みたいなツッコミができたのでHULU版の方が好みかも知れないです。

あ、でも「過労の原因作ったのお前らなんじゃね?絶対トラブル持ち込んで『あーもー!タダでさえ国王のお守り正規の国務で忙しいのに銃士隊め!!!』」のケースもあり得そうだから別にどっちでもいっか(笑)。


拍手、どうもありがとうございました!

拍手[10回]

マスケティアーズ~パリの四銃士第10話

そういやこのドラマ、シーズン3で完結するみたいですね。今年後半にイギリスで放送されるっていうから(もう放送始まってんのか?)日本はまだ先か…。HULUはどうだからわからないけど、NHKだとオリンピック終了後おそらく別の海外ドラマ(多分イギリスか韓国)の放送しばらくやって…マスケティアーズはやるとしたらその次あたりかしら…?
http://dramanavi.net/news/2016/04/3-5491.php


さて本題。ここの銃士たちってホントお芝居好きですよね。今回のお芝居はほかの隊員さんたちもご存知だったのか気になるんだけどwご存知なかったら芝居する必要なくなった後、ダルが 無事に銃士隊の敷居跨がせてもらえたのか心配なんですがwww

今回は久しぶりにコンスタンスが逞しかったですね~。まぁここのところコンスメイン回ってのあまりなかったせいもあるんだろうけど。捕まった後震えながらもサラザンさんにタンカ切るわ、手下の女の子眠ってる間に瓶割って手足の縄切って鍵奪って女の子突き飛ばして脱出図るわ…。ミレディの顔面パンチもすごかったけどw

EDテロップでこのサラザンさんの中の人、アニ三のトレビル隊長の中の人だったと知ってびっくりしましたw

このドラマは火縄銃の装填時間のロスがちゃんと描かれているのがリアルでかっこよくて大好きです。そうだよね、今の拳銃みたいに一丁でパンパン撃てるわけじゃないんだよね。今回の話でいえば、最後の街中でドンパチやるシーンで銃乱射できるように馬車に装填完了した銃積み込んでて、撃った先から使い捨てて次の銃取り出す描写とか、ホントかっこよくて好きです。

火縄銃の連射なんて、私、信長の長篠の戦いに代表される戦法くらいしか見たことないもんなー(笑)。(鉄砲隊が縦に並んで前から順番に撃っていくやつ)

つか誰か、誰でもいいから行方不明になったコンスタンスのこともうちょっと心配してあげよう!(笑)。

リシュリューが神学校で自白(笑)するシーンは面白いですね。「手紙、渡さないよーん」つってパッパと手紙取り合うアラポルに背後でニヤニヤしているダル、そして王妃様が入ってきて紙落として小さく縮こまってるリシュリュー様www

このときの王妃様の態度(声)はHULUの字幕版(というか原文の音声)の方が迫力あったような気がしますよ。いや、なんつーか、穏やかんだけど、「王妃様めちゃ怒ってますよね???」っていうのが分かるっていうかw吹き替えもよかったけど。いや~もう、目ぇ笑ってなかったですもんね~王妃様wwww

正直ボナシューの自殺未遂はシーズン2(次回以降の話)見た後だと「なんだかなぁ」ってな気になってしまうのですが…^^;この「お前なしでは生きていけない~emoji」って思った気持ちを大切にしてもっと奥さん大切にすれば良かったのになぁ…(でもそれじゃダルとくっつけないからダメなのかw)。

次回から出てくるロシュフォールの声優さんって誰なんですかね?公式サイト行ってもまだ公表されてなかった…気になる!><

拍手[8回]

マスケティアーズ~パリの四銃士第9話

キターーーーーーー!!!来た来たキタよ!大好きな9話キタよ!!!(*^▽^*)

サブタイトルは「王妃の危機」なのね。これ原文のタイトルのほうが粋で好きだなぁ。なんたって「Knight takes Queen」ですからね!「takes」ですからね!!!!

しっかしこの日の新聞のテレビ欄での紹介文、ネタバレひどくありませんでした?(赤線部分・笑)
 
(サムネ表示にしてあるよ)

今回はねー、もう、いろんな意味でアラミスやっちゃった回ですね。ああアラミスだけじゃないですね。リシュリュー様もですね。

酒飲んでるバカ孫(国王)の言ってること真に受けるなよおじいちゃーん(大笑)。もう出来の悪い孫ほどかわいいってヤツなのかそうなのかwwww

王妃様流産の話は原作でも私が今まで見たほかの三銃士メディアでも語られてないのでホントなのかと思って以前(HULUで見た後)ググってみたらウィキにホントだったと書いてあって、そんな史実をきちんと盛り込むBBCスタッフすげぇって思った回でもあります。

王妃様とやっちゃった後のアト「俺は何も見てないからな」からのアト「王妃と寝るなんて何考えてんだ!」→アラ「見てないって言ったのに…」→(アトス説教)→アラ「もういい?」→アト「ああ(ムスッ)」→アラ「じゃあもう行くわ」の流れ好きですね。アラミスのセリフ回しおも、「うるさいなーもーやっちゃったもんは仕方ないじゃんよー」感が出ててイイですねwww「じゃあもう行くわ」ってwwwww

イザベルさんとアラミスのことは過去にさんざん語ったので今ここで語ることないです。つか語ると長くなりそうなのでやめときます(笑)。


拍手(しかも結構過去の記事まで拍手してくださって)、ありがとうございました☆嬉しいでーす(≧▽≦)

拍手[16回]

マスケティアーズ~パリの四銃士第8話

ルイが珍しく(珍しいとか言うなw)国王らしかった回(笑)。

すっくと立ちあがって、「親衛隊に反則があった!トレビルは代わりを選ぶように!」とか「反則があったので賞金は国庫に納める。財政難の折だし(ボソッw)」とか(笑)。普段は頼りないアホ王っぷりが目立つけど、立ち居振る舞いとか、ダルを銃士に任命するときに威厳とかはまさしく王のそれだな~なんて思いましたよ。

ちゃんと財政難も気にしてるしなwスペイン艦隊の模型で遊んでるだけじゃなかったんだなwww(←失礼w)

まぁ、自分の配下の銃士隊が負けるのを見るのはやっぱり嫌で、勝てば嬉しいっていう、ただそれだけだったのかもしれないけど。

「親衛隊と戦うことになった。この中で一番強い者に出場権を与える!」→俺たちやる気満々っすぜ隊長!→「でも参加費払ってね☆」→え~金払うの~?の一連の流れ好きw常に懐具合気にしてる原作の銃士たちらしくて好きww

あとダル「フランス国民として権利を主張する!」リシュ「私に権利を主張するなぁ!!!!」のやり取りもお気に入りです。なんかすごく「らしい」なって思って。特にリシュリュー様w

でもやっぱ今回一番のお気に入りは、アラミスとポルトスのパトロン夫人狩りですかね~。前にも書いたけど、いやぁアラミスが最高に面白いのなんの(笑)。

だって教会に来てるご婦人にやたら詳しいし、さんざん自分のチャラ男度披露しておいてしかも自分から「女ひっかけに行こうぜ」とか言っておいてポルトスに対しては「おいおい、ここは教会だ。お見合いじゃないんだぜ?」だしw

…で、しっかり女ひっかけるしな(笑)。

もうなんだろうね。原作2部までのアラミスのコノヤロー度というかチャラ男度が前面に出てて大変良いですね(笑)。

銃士隊に女連れてきて「バイバイ」って言って別れるシーン、アレ吹き替えではどうなるのかなと思ったら文字通りそのまま「バイバイ」だったwww

ポルトスは真剣に将来のこと考えているし、ダルはコンスとミレディの間で板挟み(?)になってるしで今回なかなか女性関係で苦しい四銃士でしたけどアラミスお前ホント軽いな!今回の癒しポジションのMVPは彼で間違いないですよね。…まぁ次回が重たいけど(笑)。

次回といえば次回予告、なんかえらいネタバレシーンが挿入されてた気がしたぞ、青年Aと淑女Aのキスシーンとかwww

いや~次回も好きな回なので、今から楽しみです。
(しかし、アトスはどうやって参加費工面したんだろ…金あったのかな…。何か売ったとか、領地からの収入を充てたとか?)


 拍手、ありがとうございました!

拍手[8回]

  

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめアイテム

最新コメント

[09/15 るり]
[11/11 ミノネツ]
[07/27 藤乃]
[06/19 Smithk438]
[05/17 Smithd336]

プロフィール

HN:
暁香月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい自己紹介はこちらからどうぞ。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- ☆香月の庵リターンズ☆ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]