忍者ブログ

☆香月の庵リターンズ☆

原作アラミススキー。「アニ三アラミスは原作アラミスの好みのタイプだよね!」というコンセプトのもと、原作アラミス×アニ三アラミスという異色カップリングをネットの片隅で限りなく追求しています。あと原作考察(ほぼアラミス関係)。

カテゴリー「その他三銃士」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニ三アラミスの設定について思うこと①

前に「すり替わった~」の「兄の逆襲」で「書くかも」と書いた、「アニ三アラミスの設定について思うこと」です(勢いに負けたらしい)。1つにまとめて書こうかと思ったんだけど、色々と考えるところありすぎるせいか一緒に書いてたら分けわからなくなったし(アホや)、何より長くなったので2回に分けてやる予定でいます。

(そして相変わらずどこのカテゴリーに入れたらいいのか良く分からなかったので「未選択」に入れておきます。別に二次創作に絡む話でもないし…)(←「その他三銃士」に移しました@2013年12月28日)
 
とりあえず注意点としては、

・辛口なのは愛ゆえです。
・かなり身も蓋もないことを言っています。
・純粋なアニ三ファン、特にアニ三アラミスを神聖視している方にはあまりお勧めできないかもしれません。

って感じです。

(まぁ、3コ目は今更な気がしますが)

そんなわけなので、「あ~また暁がバカなこと言ってるよ」くらいに軽く笑って受け流してくれる方のみ「続きを読む」からどうぞ。


拍手、ありがとうございました!!


拍手[4回]

PR

・・・続きを読む

飛行船三銃士地上波感想

リシュリュー閣下の声がアニ三でロシュフォールやってた千葉繁さんだって聞いたので見てみましたよ!

千葉繁さんっていったらアニ三のロシュフォールのイメージ持っているのでどうなるんだろうと興味津々で見てたんですけど、普通にリシュリュー閣下の声だったのでびっくりしました。激昂したときは「あ、千葉繁さんだ~」って思ったけど。声優さんってすげぇ!

以前映画館で見た3D版ではペラペラの紙状態だった冒頭のジオラマ部分がちゃんとふっくら立体的になっていたのに感動しましたよ。(つくづく3Dで見た意味が…泣)

やっぱダルとアラミスが決闘に至る経緯は何度見てもアラミスに非はねぇ!!って思ってしまう。いやだってあれどう見たって正当な行為でしょ!?まぁダルもイライラ頭に血が上ってたんだろうけど…うん、災難だったよねアラミス。

アラミスって言えば声がなんかおっさんっぽかったのが気になった。CV置鮎さんですか。声優さん自体は好きなんだけどなー。

アラミスが教会を捨てた理由…「神の教えに平気で背いている坊主どもに嫌気がさして」(セリフ違っているけど勘弁!)に、「いやいや!酒に女に殺しに…アンタが一番教えに背いてるから!!」と心の中で盛大にツッコんでしまったよ(笑)。

プランシェが終始いい仕事してましたね~。「皆偉そうなこと言って出かけるけど、僕がいなければ武器も服も用意できないんだからね!!」ハイハイその通りです。従僕は大事です。キミがいないとあの人たち何もできませんから!(笑)。

ラスト、園遊会会場からこっそり食べ物盗んできている所にデキる従僕の風格を感じました(笑)。



拍手、ありがとうございました!!

拍手[4回]

アニ三アトス考(※加筆修正アリ)

この間アトスのこと書いたので、それに関連して。

(どのカテゴリーに入れたらいいのか迷ったのですが、自分とこの二次創作<要するにアラアラ>にも関連することなのでこっちに入れてしまいます。AAの「A」は今回に限りアトスのAということで・笑)2014年3月24日、「その他三銃士」に移動しました。
 
私ね、アニ三アトスって「ミレディの肩に焼印を見つける前までの原作アトス」に近いんじゃないかと思うの。

アニ三アトスには(原作のような)過去がないってよく言われるけど、過去がないってことはつまり、「それを経験していない頃のアトス」ってことなんじゃないかと。

つまり女性に対しても王権に対してもものすごく清らかで神聖なイメージ抱いてて、それを自分の中で半ば神格化している…というか…なんかこう…友情にしろ何にしろ、自分の信じるものには穢れはないと信じている、世の中の良いところしか見えていない、イイトコのお坊ちゃんというか…。(一言で言うとラウル風というか…)

その最大の根拠は何かというと、何話だったか忘れちゃったけど、鉄仮面かぶせられて「自分は国王だー!!」と言うルイ13世に、「国王陛下ともあろうお方がお膝元のパリの人口を知らないなんて何事かーー!!」とキレる場面。ルイ13世の人となり知っていればむしろあの答えで100%本人だと確信すると思うんですが(どこかのサイトさんでもツッコまれてたと思いますが)、アトスは「王権とは神聖なもので、その神聖な王権を賜っている国王陛下はパリの人口くらい知ってて当然」っていう良く言えば思い込み、悪く言えば幻想を抱いていたからこそああいう質問とリアクションが出てきたんだと思うんだよね。

そしてパリに出て銃士になったのは、王権に対してそんな神聖な幻想イメージ抱いている若きラ・フェール子爵さんが、天から王権を生まれながらにして授かった神聖にして犯すべからざる国王陛下にお仕えすることを夢見て―ということだったら最高。ていうか萌え(笑)。(なんかホントにラウルっぽいなー)

<注:こっから先はかなりアンチアトアラな意見になるのでそれでもいいという方のみ「続きを読む」からどうぞ。まぁもう私がアンチアトアラだってのは周知の事実だと思うので、今更注意書きもへったくれもないと思うけどねー>


拍手[6回]

・・・続きを読む

バービーの三銃士

2泊3日で北京旅行に行ってきましたー!!最終日の3日に王府井の本屋さんに行って来たら、DVD売り場(地下1階)に降りるエスカレーターで「バービーの三銃士」のポスター?看板??を見つけたんですよ!

バービーで三銃士ってやってたんですね~。今回中国行って、三銃士関係はあってせいぜい飛行船三銃士のDVDくらいだろうと思ってて…DVD売り場に降りたのは実をいうと飛行船三銃士のDVD探すのが目的だったんだけど、DVD見つからなかったんですよ(中国で上映されていたのかどうかも確認しないまま行っちゃったのでもしかしたらやってなかったのかも知れないですが…でも有名な監督が作ったものだからやってないわけないとは思うんだけどね~)。なのでまさかこんな形で三銃士に出会えるとは!!とかなりコーフン気味で(同行者を1階に1人残して自分だけもう一度1階から地下1階に降りて・笑)写真撮ってきました。


まずは下りエスカレーターから一枚↓

P5030832_1.jpg

ブレたので手振れ補正ONにして上りエスカレーターから一枚↓

P5030833_1.jpg

手すり邪魔!!!(泣)

帰ってきて写真良く確認してみたらDVD売ってたそうなので、ちゃんと探して買ってくればよかったー!!!!

でもネットで探してみたら動画あったので(http://www.tudou.com/programs/view/Pvx8ZMXjOxI/)(ちみに音声英語で中文字幕です。版権的に良いのかよく分からないので直リンクはしてません)早速見てみたのですが、

なにコレ意外と面白ぇ!!

内容は、銃士になることを夢見てガスコーニュからパリにやってきたコリーンCorinneが同じく銃士になることを夢見る3人の女の子(ルネRenée、アラミーナAramina、ビベッカViveca)と共に、ルイ王子を亡き者にして自身が王になろうとたくらむ摂政フィリップの陰謀を阻止すべく立ち上がる、というストーリー。

 名前はとりあえず聞こえたまんまで書いたので実際日本語として文字に起こした場合として合ってるのかどうかは謎ですが(スペルは字幕やEDクレジットで確認してますけど)、三銃士の名前だけでもアニ三アラミスファンなら萌えられるんじゃないでしょうか(笑)。

見る前までは、ここの銃士隊はみんな女の子ばかり(というか基本原作と性別逆の設定)なのかと思っていたら、コリーンは「女の子が銃士になれるわけないだろ」と門前払いされたりと意外とリアル。トレビルにも軽くあしらわれてたし~。アニ三アラミスもパリに来たばかりの時はこんなだったんじゃないかなと妄想。銃士になるために4人で一生懸命秘密の特訓してるのが中々涙ぐましいです。ちなみに4人は宮廷で下働きしている女中さんで、コリーンはクビになったコンスタンスの代わりに働くことになったという設定。

陰謀もありがちなんだけど結構手が込んでて子供向けなんだろうけど結構クオリティ高い印象受けました。コンスタンスのほかにもダルタニャンとウィンター伯爵夫人も名前だけ出てきたり、と原作ファンも意識してるんじゃないかなーと思えるところがちらほらら。(ちなみにコリーンはダルの娘という設定の苗字が「ダルタニャン」という設定)。

まぁ三銃士に至ってはアラミーナ以外元キャラが誰なのか名前からも言動からも分からなかったですけど(笑)。アラミーナはやはりというかなんというか、恋多き乙女のようでした。「アラミーナってば男ときたら見境ないんだからアラミーナにとっては男の人はみんな理想の王子様でしょ?」なんて言われてたし(笑)。

ちなみにあの3人の中ではアラミーナが一番同情心強いようで(というか単なるお人好し?)、一番最初にコリーンのこと許してました。ビベッカはコリーンが連れてた猫に懐柔されてたな(笑)。最後まで冷たかったのはむしろルネで、「私はあの子のこと信用できないわ。つい最近この町に出てきた田舎者じゃない?」とかなんとかかんとか言ってたし、コリーンを自分達の家に泊めることになったときも「あなたお金持ってる?(コリーンが金渡す)…一週間ね」って宿泊費せびったりしてたしなー。むしろルネの方がアラミスっぽい?まぁでもみなさん個性的でかっこよくて楽しかったです。ルイがコリーンに思いを寄せてたみたいだったけど、2人がくっついてハッピーエンドにならなかったところもイイ(笑)。

日本語版は残念ながら出ていないようなのですが、「バービー」「三銃士」で探せば上のURL以外にも動画とか情報サイトとか見つかるんじゃないかなぁ。

アニメ自体は2009年にできたものらしいのでちょっと古いみたいだけど。

良かったら見てみてね☆

拍手[3回]

「ダルタニャンとミラディ」感想③

「青年編」読み終わりました。

またまた長くなってしまったので折りたたみます。後半アラミスばっかです。つうかアラミスしか見ていません(笑)。

「続きを読む」からどうぞ。


拍手、ありがとうございました!!

拍手[2回]

・・・続きを読む

  

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめアイテム

最新コメント

[09/15 るり]
[11/11 ミノネツ]
[07/27 藤乃]
[06/19 Smithk438]
[05/17 Smithd336]

プロフィール

HN:
暁香月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい自己紹介はこちらからどうぞ。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- ☆香月の庵リターンズ☆ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]