忍者ブログ

☆香月の庵リターンズ☆

原作アラミススキー。「アニ三アラミスは原作アラミスの好みのタイプだよね!」というコンセプトのもと、原作アラミス×アニ三アラミスという異色カップリングをネットの片隅で限りなく追求しています。あと原作考察(ほぼアラミス関係)。

カテゴリー「その他三銃士」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「仮面の男」のアラミス

最近イエズス会のアラミスが恋しくって恋しくって仕方なくなってきてですね、ディカプリオ主演の「仮面の男」が見たくなってきたんですけど、生憎映像メディアが手元になかったので(;´д`)、レビューサイトさん見てストーリー思い出しながら脳内再生してるんですが、なんかもう…ここのアラミス超かっこよくないですか!!!!

…以下、思い出だけで書いたアラミス中心妄想いっぱいレビューです。恐らく思い出補正かかりすぎてて傍目にも痛いと思われるので隠してあります。「続きを読む」からどうぞ。

…記憶違っててもツッコむなよ!!(笑)

拍手ありがとうございました☆


拍手[3回]

PR

・・・続きを読む

ベルモンド感想⑦

最終回です。語りも今回で(ようやく)最終回です。

冒頭、ロラン君が護衛隊の宿舎で熱心に剣術の修行してますよ。ああよかった…元気になったみたいで…(ホロリ)。11幕でポルトスにやられて目半開きで口から血ィ流してるの見てマジで死んだかと思ったからさー。その後ロラン君ちゃんと生きてて傷の手当してもらってるって他の護衛士の人が言ってはいたけど。

ちなみにこのところの感想でロラン君のことが出てなかったのは決して忘れてたわけじゃないんだからねっ。そもそも登場してなかったんだし。そりゃまあダルと三銃士が出てきて私の頭の中からぶっ飛んだのは認めますけどね!!けっ決して忘れ…忘れてたわけじゃ…(;´Д`A ```

さてベルモンド一行はというと、パシさんが持ってた便利アイテムのおかげであっさりダル達と対峙することになったのでした。この辺の展開の早さが打ち切り感満載で泣ける(ノД`)

で、ジョルジュVSミディ、シュカ(パシさんのお兄さん)VSスワールと体良く人払いができたところでダルとベルモンドが対決。(※アトスは空気w)

この時ダルの真の目的が明らかになるんですが―これがね、もうね…もう…ホントに泣けるんですよ。

なんかね、リシュリューに国政の実権奪われてつまんない思いしてるルイ13世がちょっとした興味で魔女術に手を出しちゃって、そのせいでその身は醜い不死者になりつつあるんだって。で、ダルはルイから、ルイが人である内に殺してくれと頼まれたんだって。

自分が忠誠を誓った国王の願いを叶えるべく、ダルはその日から必要とする魔女の力を得るため奔走するようになったそうで(しかしなんでそれがサムディの力なのか良く分からないんだけど)、しかも「国王を暗殺した犯人が逃亡したままでは国が動揺するだろうから、事を終えた後は処刑覚悟で自ら犯人として名乗り出るつもり」なんだってよ!!

…な、泣ける…泣けるわー。・゚・(ノД`)・゚・。

しかも泣けるのはこれだけじゃないんだよ!ポルトスがダルと行動を共にしているってことは、当然ポルトスもダルの目的を知ってるってわけで、ってことはダルと一緒に死ぬ覚悟でいるってことなんだよ!うわーん!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

しかもそれを2人ともアトスに内緒にしてるってことは、アトスは巻き込みたくないってことだよね?アトスには罪人の汚名を着ることなく穏やかに幸せに生きて欲しいって思ってるってことだよね?うわーん!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

もうこの、互いが互いのことをものすっごい思いやっているのがね…感動するよね!アトスが知ったら感極まって「息子よ…!」とか言ってダルのこと抱きしめちゃうんじゃないかと思うよ(今、この無私の友情こそまさしく三銃士だよね!と書こうと思ったんだけど、ダル物では彼らここまで友情友情してなかったの思い出したのでやめた)。

で、ダルの目的を知ったベルモンドはダルにある提案をします。その提案と言うのは「一緒に七曜剣を集める旅をしないか?」ということ。自分とダルの持っている力では国王を救うことはできないが、もしかしたら他のブール(他の魔女族たちが暮らしているエリア)に行って他の剣の力を手に入れることができれば、国王を殺さなくて済む方法が見つかるかもしれない―と。

ダルは「陛下をお救いできる可能性があるとして、それを試さずにいられるわけがない」と了承するんですが、その言い方がね、表情がね、もう、ホントに真の貴族って感じでね。ショウエイ先生ってばダルをこんな真面目でイイヤツにしてくれて、このイメージ抱いたままダル物読んだチビっ子達は逆にショックを受けるんじゃないかとおばさん心配でならないよw

で、最後は「まずはどっちがリーダーになるか」を決める戦いが始まって、「ご愛読ありがとうございました!」というお決まりの形で終わるんだけど…お前らはそれでよくてもジョルジュとか絶対イヤなんじゃね?w

っていうかアラミスは?アラミスは出て来ないまま終わるの??

―というわけで、以下、アラミスが出て来なかった訳を大・胆・妄想検証します。題して「アラミスは今!」のコーナー(笑)。

余りにもアホすぎてそのまま晒すの恥ずかしいので折りたたんでおります。「続きを読む」からどうぞ。


拍手ありがとうございました!!


拍手[3回]

・・・続きを読む

ベルモンド感想⑥

…で、パシフロールさんはあっさりベルモンドにやられちゃうんですが(さっきからダルと三銃士以外のシーン端折りすぎじゃね?って誰かツッコめ・笑)、自害しようとしたパシさんをアトスが体張って止めるんですよね。ここのアトスは男前だなぁ。アル中で無精ヒゲ生やしてるけども(笑)。

彼女から、彼女がここに来た理由を告げられてダルに嫌われた…とアトスは落ち込むんですけど、どうやらダルはアトスを巻き込みたくなかった様子。いいなぁ…友情だなぁ!それを知って「ダルタニャン…お前は今でも俺のことを親友だと思ってくれているのか…」友情だなぁ!!

アトスはベルたちと本格的に行動する前に、彼ら(ダルとアトス。後の2人も入るのか?回想ではアトスとダルしかいないんだけど)が魔女を憎んでいることと、彼の元妻が魔女狩りで処刑されたことをベルたちに話すんですが、この元妻の名前がね!「ミレディ・アンヌ・クラリック」っつってね!すげぇショウエイ先生、名前全部くっつけやがった!(笑)

そしてここのアトスがね!ちゃんとミレディさんのこと愛してるんですよ!処分覚悟で戦地を抜け出して処刑現場に駆け付けたり、「せめて人として…もっと苦しみのない最期を迎えさせてやってくれよ!」って言ったり、教会の人に「自白が何だ!自白するまで拷問するのがお前らのやり方だろうが!」と食って掛かったり。

もうこのアトスの爪の垢の先っちょでもいいから、原作アトスに飲ませてやりたい!!o(>ロ<o) (o>ロ<)o

そしてグリモーもね。取り乱すアトスに「冷静を装ってください!彼女があなたの元妻だとバレれば危険はアトス様にも及びます」って適切な助言を与えたりね。やっぱできる従僕は女の子になってもできる従僕だよね!

(そういや2巻12幕でダルが「生身から(目を)エグったと聞いても、相手が拷問吏なら心も痛まんものだな」って言ってたけど、それがこのアトスの過去がベースにあるのだとしたら切ないよね。)

ちなみにこの回想シーンで、まだアル中になってないアトスにも目の下にクマみたいのあったので「?」とか思ってたら、当時どこかのジャンプ感想ブログさんに「クマじゃなくてフェイスペイントじゃね?」って書かれてあって「それだ!」と深く納得したんですが、その後ウィキに「目の下にクマ」とハッキリ書かれてるの見て「やっぱクマなのか」とショックを受けたですよ。しょぼん。

まぁウィキはファンが編集したりもしているのであまり真に受けても仕方ないんでしょうけど。

ベルモンドの方というと、リシュリューからの命令とは別に、かつて大きな力を持った7人の魔女族の人間が作ったと言われる7本の剣=七曜剣(内1つはベルモンドの剣)の全てを手に入れるという新たな目的もでき、すでに七曜剣の1つ・サムディを手に入れたダルとの対決が鮮明になってきたのでした。

―とまぁ今回ちょっと短めだけど、キリが良いのでこの辺で。

次回に続く。

拍手[2回]

ベルモンド感想⑤

まぁそんなわけでようやくアトス登場ってことになったわけなんですが(15・16幕)…なんかえらい飲んだくれだよ!アル中だよ!…いや、確かにアトスは飲んだくれでアル中ではあるのだけども!!目の下にクマなんか作っちゃってるし…。いきなり首吊ろうとしてるし…。

首吊りはベルモンド一行に阻止されるわけですが、そこに「もー何やってんですかアトス様!」とばかりに現れたのがグリモー…。

グリモーが女の子だ!!清楚で可憐な女の子だよ!!(≧∀≦)

いやまさかムスクトンに続いてグリモーまで出て来るとは!ショウエイ先生ってばダル物ファンへのサービス多すぎ!ムスクトンは男の子で、グリモーが女の子で、プランシェもジャンヌって女の子だし、こうなったらもう、

バザンの性別が俄然気になってくるよね!!!でも出て来ないんだなぁ(ノД`)

ショウエイ先生は良く分かってらっしゃる方だから、あの無類の女好きの従者に女の子をつけるという、虎の穴にウサギを放り込むようなキケンなマネはしないとは思うんだけど…いやでも原作の女好き設定がここにも生かされるとは限らないし…ああでもむしろ分かってるからこそ女の子つける気もしなくは…。いやでもまさか従僕4人いてムスクトンがその中の黒一点ってわけじゃないと思うから、バザンもバザン子ではないとは思うんだ…。けど、こちらのアラミスさんも正しく優男風のイケメンに描かれてるので、むしろ女の子の方から志願しそうな気が…。

…って妄想が止まらないよぉぉー。。・゚・(ノД`)・゚・。


…さて、ちょっと脇道逸れましたが本編。アトスお決まりの酔っぱらいの昔話が始まりましたよ。アトスの回想に出てくる4人のエピソードは心温まりますね。なんかもう…4人がすごく友情してて泣けるよ。「なぁアトス、俺達は4人で1人なんだ。身体の一部を置いて先に進むことなんてできないだろう?(Byダル)」とかね。アラミスが動いて喋ってる唯一のシーンでもあるのでそう言った意味でも非常に泣け…ゲフゲフ!

ダルが魔女の力を求めていると知ったアトス。「そんな不吉なもの、求めて手に入れられるものなのかどうかは知らんが、もしそんな地に堕ちたマネをしているのなら、全力で止めてやる」

キタ!ダル&ポルVSアトスの構図!!これでアラミスがいれば…(しつこい)

…とアトスがベルモンドの仲間になることが決まったところで敵襲来!どうやらダルの命令で来たらしいんだけど、その敵の魔女族が子ザルを連れた女…って(アニ三の)ミレディ!?

…とアニ三世代がやっているジャンプ感想ブログさん達が俄かに盛り上がったのも記憶に新しいところですよね!!←?

まぁ実際にはパシフロールさんという、ミレディじゃなくて全然別の女の人なんですけど(※作中にミレディは別にいます)。でも結構知ってる人は盛り上がってたので、ショウエイ先生また分かる人には分かるネタ投入してきたんだと思うんですよ。元々三銃士好きな人みたいだし、世代的にも見てておかしくないと思うし。

(…はっ!まさかとは思うけど、ダルの従者がプランシェじゃなくてジャンヌってのもジャン→ジャンヌでアニ三リスペクトだったりする…?)

…またしても書き疲れたので一旦ここで切ります。あと1回か2回で終わらせたいぞ!

拍手[1回]

ベルモンド感想④

…うん、まぁね、ダルと三銃士出てきてテンション上がりまくったのは確かなんですけどね。実を言うとあまり出してほしくなかったなーという気もするんですよ。

だってテコ入れ感ハンパないじゃないですか(泣)。どうせだったらもっと早くから出…ゲフゲフ!

まぁしかし連載当時、ダルと三銃士が出てきたらアニ三世代が管理人しているジャンプ感想ブログさん達が俄かに盛り上がったのは記憶に新しいところです←?

にしても本当に悪役で出て来るとはね…(笑)。

悪役として出て来た割には結構可愛い顔してますなダル。これまで出て来た敵役の人はいかにも悪人面だったりキワモノ系の顔だったけどw

つかここのダルはなんかもう本当に、誇り高い貴族中の貴族って感じですっごくカッコいいよね!まだこの頃(12幕)はダルの目的が「ルイ13世の暗殺」ってことまでしか分かってないから「へ?!ダル何考えてんの???」でしたが。


さてさて本編、ついにリシュリュー様登場。ダルは縦コマぶち抜いての登場でしたがこちらは丸々1ページ使っての登場と、さすがは大物政治家!ダルとは格が違うぜ!!あと修道院の周りに護衛隊がズラ~っと並んでるところが何というか…壮観ではあるんだけど、昔風ダルで「護衛隊は質より量」みたいなこと言われてたの思い出して思わず「クスリ」と笑っちゃいましたよ。

ここのリシュリュー様は枢機卿でありながら魔女族ともつながりを持っていらっしゃるようで、魔女族には聖書とは違う逸話が残されていること知っていたり、ミディとスワールをあらかじめ呼んでいたりと中々用意周到というか知識豊富ですよね。さすが敏腕政治家。

あと「私はこの国に不可欠な人間」とか真顔でサラっと言っちゃうところがリシュリュー様だよねぇ~。

そしてベルモンド、ついに外へ。リシュリューから外出の許しも得て、しかも場合によってはダルを殺してもいいというお墨付き。さぁ面白くなってきたぞ~おらワクワクしてきたぞ~~何で最初からこの展開にしなかっ…ゲフンゲフン!!

ダルとポルが出て来たってことは当然アトスとアラミスも出て来るってことよね!と期待してたら早速ミディが「(ダルの居所を突き止めるため)アトスに会いに行きましょう」

よっしゃあ!(≧∀≦)
 
…うん?ポルトスがダルと行動を共にしてたし、三銃士とダルは時同じくして失踪したって言ってたからアトスもダルと行動を共にしてるのかと思ったら違ってたのか。…ん?ダルとポルがタッグ組んでで、アトスは別行動…?こ…これはもしや二十年後の組み合わせ!?ってことはアラミスも当然アトス側で出てくると思うよね?思うよね?…でも出て来ないんだなぁ(泣)。

そうそう、スワールがね「アトスに会いに行きましょう」って言った時のアトスのカットがね、手にワイン持ってるんだよ!もうこの分かる人には分かる小ネタの投入がねっっ!!

しかも、今までのダル物…というか三銃士の派生作品って、1部の「三銃士」の部分を元にしてるってのがほとんどだったじゃないですか。あってもせいぜい3部の「仮面の男」くらいで。でも今回はダル達銃士隊を辞めた後、考えようによっては二十年後を元にしているようなフシも見受けられたりして、なんか…なんかね、もう……テンションタダ上がり!!やっぱショウエイ先生は他の人と目の付け所が違うと思うんだよね!!

なんか書き疲れたので一旦ここで切ります。(この語りあと何回で終わるんだろ…)


拍手ありがとうございました!!

拍手[2回]

  

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめアイテム

最新コメント

[09/15 るり]
[11/11 ミノネツ]
[07/27 藤乃]
[06/19 Smithk438]
[05/17 Smithd336]

プロフィール

HN:
暁香月
性別:
女性
自己紹介:
詳しい自己紹介はこちらからどうぞ。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Copyright ©  -- ☆香月の庵リターンズ☆ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]